カテゴリー別アーカイブ: 未分類

Minerva Schoolsアジア地域統括部長Kenn Ross (ケン・ロス)インタビュー

hayatofujii1・インタビューア説明
同志社大学4年 現在、ミネルバ大学日本のインターン生。ミネルバの説明会にて衝撃を受け、日本にもミネルバのような教育が広がるべきだ!とインターンをそのまま志願。現在に至る。教育に熱意があり、来年以降、シンガポール、シリコンバレー、オランダなどの世界の教育を見て回る旅に出る予定。


ミネルバ大学のアジア地域統括部長であるKenn Ross氏にインタビューしました。

Kennはミネルバ大学に参画する以前に、United Technologiesという会社でアジア地域のビジネス開発マネジャーをした後、Harvard Business SchoolでのMBA留学を経てエネルギー分野と教育分野で起業を経験しています。また、大学はMiddlebury College、Johns Hopkins大学修士、と米国のトップ大学を卒業しています。 


 

kenn
飛び入り参加のイベントでピッチをするKenn

藤井(以下F):なぜミネルバ大学に参画したのですか? あるいは、あなたに、このイノベーティブな組織に移ろうと思わせたのは何だったのでしょうか?

Kenn(以下K):ミネルバのことを聞いた時、「これだ!」と思ったんです。「このプロジェクトは、絶対に実現すべきべきだ」とね。

実は、イノベーティブかどうかはあまり気にしませんでした。私は、よく半分冗談で言うんです。「ミネルバ大学はそれほどイノベーティブじゃないですよ」

ミネルバ大学が採用しているカリキュラムや学習法は、すべて研究で実証された科学的根拠のあるものです。何か新しいことを発明しているわけではありません。ただ、私はアメリカの大学事情、特にトップ校と呼ばれる大学については、自分自身がそこに所属していたこともあって長い間変わっておらず、問題があることも知っていました。

私は、自分が所属していた大学が好きでしたから、こうした大学をより良くするためにもミネルバ大学のプロジェクトは実現したい、と思いました。

それで迷うことなく、始めたばかりの自分の会社を人に任せて、直ぐに参画することに決めたんです。

F:ミネルバ大学と既存の大学で最も違うところはどこですか?

K:既存の大学とミネルバ大学は多くの点で違うところがあります。特に重要な点は3つあります。①学術面、②国際経験、③より適切な大学運営です。

学術面から説明すると、現代社会のニーズに適した最良の学習カリキュラム、最新技術を活用し、授業での学びを最大限に引き出す教授法、これによって従来の教師と生徒のより緊密な関係を実現していること。ミネルバ大学がオンライン技術を採用したのは、実証された学習効果の高い教授法を実現できるからで、それ以外の理由はありません。技術力を見せたいがために使用しているのではありません。

次に国際経験です。我々はこれからの時代のために、グローバル市民を育成します。ただ世界中の都市に滞在するだけでなく、それらの都市にある施設を利用し尽くせる人材です。そのため、あえて豪華なキャンパスを創るようなことはしないのです。それぞれの都市に滞在し、現地コミュニティに溶け込み、文化を理解、尊重できる人達になって欲しいと考えています。我々はキャンパスではなく、学生に最良の学習機会を与えることに注力しています。

最後に、最も大事だと感じていることですが、より適切な大学運営です。2つのポイントがあります。

ひとつは、入学試験です。我々は世界中の才能ある学生に最高の教育を提供したいと考えたので、一切の”枠”を取り除きました。ミネルバ大学の受験には国籍枠も、性別枠も、人種枠も、親がどんな職業についているかも関係ありません。純粋に、その受験生の学校での成績、課外活動、学力試験で判断します。私はこのようなフェアな入学制度を行っている既存の米国大学を聞いたことがありません。

もうひとつは、学費です。米国大学の学費はとんでもなく高額です。良識の範囲を逸脱しており、過去30年間のインフレ率の約5倍で費用が伸びているのです。ミネルバ大学の費用は米国の一般的なトップ大学の40,000-60,000ドル(約500-700百万円)ではなく、10,000ドル(約120万円)で生活費込みでも30,000ドル以下(約360万円)に抑えています。適切な運営を実現すれば、これでやっていけることを実証しています。

F:ミネルバ大学は学生のキャリアをどのようにサポートするのですか?

K:ミネルバ大学はキャリア開発において、既存の大学よりも有利な立場にいます。我々のカリキュラムは、既存の大学とその卒業生の雇用者のニーズのギャップを埋める上で、重要な役割を果たしています。

まず、カリキュラムは、どんな職業についても活躍できるための「学び方」を流暢に使いこなせるように設計されています。4つのコア技能であるクリティカル思考力、クリエイティブ思考力、効果的なプレゼンテーション力、効果的な対人コミュニケーション能力は、学部卒業生の雇用者が強く求めているスキルです。加えて、どの雇用者も、様々な国に住んで、現地のコミュニティでの活動経験を持った人材を嫌がりません。こうした人材が難しい状況で高い適応力を発揮することが実証されているからです。(※実際、ミネルバ大学の在校生には、既に各分野のトップ企業や研究機関からインターンのオファーが来ています)

また、適切な学費で運営されている、ということは、学生が卒業時により自分のやりたい職業を選べることにもつながります。(米国の平均的な学生は卒業時に約400万円の借金を抱えている)借金返済の必要が少ない分、自分の情熱を捧げられる職業に挑戦しやすくなるのです。

さらに、ミネルバ大学はプロフェッショナル・エージェントと呼ばれる、卒業生のキャリアをサポートする職務を設置しています。これは、一般的な大学には見られない仕組みです。(※一部の大学のMBAでは同窓会組織がゆるく実施している)卒業後、何年経ってもサポートを受けられる画期的な仕組みです。

Minerva一期生 李一格さんインタビュー

hayatofujii1・インタビューア説明
同志社大学4年 現在、ミネルバ大学日本のインターン生。ミネルバの説明会にて衝撃を受け、日本にもミネルバのような教育が広がるべきだ!とインターンをそのまま志願。現在に至る。教育に熱意があり、来年以降、シンガポール、シリコンバレー、オランダなどの世界の教育を見て回る旅に出る予定。


今回は、ミネルバ大学一期生の李 一格(Yige Li)さんにインタビューを行いました。

李さんは北京第四高校の特進クラスという中国でも有名なエリート校を卒業し、2012年のハーバード大学模擬国連大会のベスト・スピーカー賞を受賞したり、中国国営放送の教育に関する番組でパーソナリティーを務めた経験を持ち、自身の教育に関するエッセイ集を3冊も出版しています。(笑)

ミネルバ大学に在学中の現在も、ドローンを使用した新撮影技術を提供するベンチャー企業の役員や中国でのエンジェル投資ファンドでインターンをするなど、多種多様な課外活動にも積極的に関わっています。

そんな素晴らしい経歴をを持つ李さんが、アイビーリーグのトップ校に合格する実力は十分あると言われながら、なぜミネルバ大学の一期生となる道を選んだのか、その過程やミネルバでの学生生活などについてインタビューしてみました。


IMG_5984

ミネルバ大学一期生  李 一格

藤井(以下F):ミネルバ大学を受験する前に、この大学にどんな印象をもっていましたか? 心配だった点などあれば教えてください。また、もっていた印象は入学後変わりましたか?

李(以下L):
ミネルバ大学について知ったのは高校を卒業してギャップイヤーでアメリカにいた時に雑誌の記事を読んだのがきっかけです。直感的に、強い興味と感銘を受けました。

ミネルバ大学の試みは、これからの時代のニーズにとても合っている、と思いました。自分の時間を持つことができ、様々な国や都市に暮らし、異文化を吸収することができます。カリキュラムはこうした多様性に適合する能力を学生に求める新しいもので、これからの国際社会を生き抜く上で、役に立つことだと感じました。

入った後の印象について、あえて言うなら、
”Achieving Extraordinary”(ミネルバ大学のブランドビジョン)というのは、ちょっと言い過ぎかな、と思います。(笑)

今年(2015年)の4月までサンフランシスコにいたのですが、全てのことが新しく、日々進歩していました。私達は第1期生で、これから来る生徒達がより良い経験を得られるように、斬新な試行に関わることができ、とても良い経験ができました。

素晴らしい人達と新しいものを創っていく機会は、なかなか無いですから。良いコミュニティの一員になれて嬉しいです。学校と共に、自分自身も進化していくことが感じられたし…

だから、入る前と入った後でのギャップは無いですね。

F: ミネルバ大学の学習方法でユニークだと思う点はありますか?

オンラインで授業をするというのは、ユニークですよね…一緒に同じ場所に住んでいるのに、授業をする時は、皆んなスクリーンを見て授業に参加するというのは、少し不思議な体験ですね(笑)

個人的なことですが、私の強みは1対1の会話の中で相手との関係を構築するインター・パーソナルスキルにあって、その為には、相手の感情を繊細に把握する必要があります。初めてこのオンライン授業を受けた時に、そういう自分の強みが消されてしまうのではないか、と心配しました。

でも大事なのは、これからの世界では、こうしたテクノロジーにも積極的に対応できる能力を持つことが必要なんです。30年後の世界を想像してみてください。情報技術の発達によって、コミュニケーションは国家の境界を越えて繋がっていきます。こうしたことを可能にするテクノロージを、どうやったらより有効活用できるか、私は自分自身で体験しながら見つけていきたいのです。私は80歳になっても、いろいろな人と1対1のコミュケーションをしていきたいので、テクノロジーの進化に対応して、自分のスキルを向上させたいんです。

授業の内容だけじゃなく、新しい授業スタイルに自分を合わせていくことが求められる、という点が一番ユニークな点ですね。

Minerva日本事務所山本秀樹インタビュー

hayatofujii1・インタビューア説明
同志社大学4年 現在、ミネルバ大学日本のインターン生。ミネルバの説明会にて衝撃を受け、日本にもミネルバのような教育が広がるべきだ!とインターンをそのまま志願。現在に至る。教育に熱意があり、来年以降、シンガポール、シリコンバレー、オランダなどの世界の教育を見て回る旅に出る予定。


今回は、Minerva Schools at KGI (以後ミネルバ大学)の日本事務所代表を務める山本 秀樹さんにインターン生の藤井がお話をお伺いすることに。

もともと教育関係者ではない山本さんがなぜ、日本におけるMinerva Schoolsの代表を務めることになったのか、その経緯や、今後日本でどのように同校の認知活動を進めていくのか、詳しく聞いてみました。


藤井:こんにちは。今日はよろしくお願いします。

山本:こんにちは。こちらこそよろしくお願いします。

藤井:では、さっそくですが、山本さんのご経歴、Minervaと関わるきっかけについてお話ししていただけますか?

山本:はい。ちょっと長くなりますが、高校時代から。

神奈川の予備校みたいな受験校で過ごした後、慶應義塾大学の経済学部に進んだのですが、大学の授業はほとんど出ず、ラクロス部に4年間を捧げたような学生生活でした。就職活動も100社以上受けましたが、ぜんぜん内定をもらえず、先輩が掛け合ってくれた素材メーカーに同じ大学の学生が内定辞退したので入れたダメ学生でした。

会社に入ってからも、最初は、怒られてばかりで、「こんな使えない大学出は初めてだ!」って当時の課長にも何度も言われてましたね。

でも時間が経つにつれて、自分には、おかしいと思ったことをはっきり発言できる力や空気を読まずに「やった者勝ちでしょ」というチャレンジ精神があることが分かりました。一生懸命働いていたら、いつの間にか色々な新規開発を担当させて頂けるようになりました(笑)

その後、外資系化学会社、MBA(経営管理学修士)留学、経営戦略コンサルティング会社、外資系メーカーを渡り歩き、自分の会社を創り、今日に至っています。

中でもMBA留学したケンブリッジ大学での経験があまりにも楽しくて、いつかこういう学習環境を日本にも創れたらいいな、と考えていました。ただ、自分でも動いてみたのですが、お金や経験が無い中で、なかなか実現しませんでした。その間に転職もし、それなりの収入も安定した大企業の管理職という立場を得て、何となく先が見えてきて、丸くなっている自分が嫌になり、もっと自由な生き方をするべく独立した頃に偶然、WIREDの記事でミネルバ大学を知り、衝撃を受けました。

「これは、俺のやりたいこと以上じゃないか!」と思い、問い合わせをしてみたんです。「なんで日本では全然知られて無いの?」と。

それで、Kenn Ross(Minerva Project Asia Managing Director)を紹介され、何度かメールのやりとりした後、Skypeすることになって…

…で、彼が、言うことが失礼なんです

「日本は留学生減っているし、リーダーシップのある奴もいない。人口も減ってるし、Minervaみたいな起業家精神を求める学校に来れる高校生がいると思えない」

今思えば、こちらの本気度を測るつもりだったみたいですが、僕は、カチンときて、

「日本に来たことあるのか? 実際に見もせずに、そんな判断できないだろう?」

ということで、会ってくれそうな人にアポイントを取り、一週間くらい学校訪問やメディア取材に連れ回したら、「日本って思ったよりいいんじゃん?」という感じに変わってきました。

高等教育をハックする!?: ミネルバは大学教育をアップデートするか。

教室がなく、講義形式の授業もなく、各学期毎に異なる国の都市に滞在する学生活を想像してみよう。

ある学生達にとっては、これが彼らの日常生活。テニュア(終身身分保障)を持つ教授からの追及や図書館に篭る、といった典型的な学生生活とは無縁だ。
Minerva Projectはこうしたものが無くても、優れた教育が提供できると考えている。

ミネルバ大学は、まだ開校したばかりのバーチャル大学だが、米国随一のエリート大学達と競争できると考えている。

学長のStephen Kosslynはアイビーリーグで長年に渡り教鞭をとった後、同校に転じた。彼は既存校の学生は必ずしも効果的な教育を受けていないと指摘する。

「彼らは、人生を生き抜くための武器を与えられていない。彼らは成功するために必要な知的技能を獲得できていないと思う」

彼の主張は正しいかもしれない。2011年発行の調査レポート“Academically Adrift: Limited Learning on College Campuses”によれば、調査対象となった2,300人の学生の内、45%がクリティカル・シンキングと複雑な問題を把握するスキルにおいて、入学して2年間、ほとんど上達していないと報告されている。

既存の大学では大教室での講義が一般的で、ごく少数の教授しか、「どのように教えたら効果的か」といったトレーニングを受けていない。Kosslyn教授は、こうした学校が教育方法を改善しようとする意志は弱いと言う。

「既存の大学では、リセットボタンを押せるような機会に恵まれることは稀だ。巨大タンカーを操作しているようなもので、簡単に軌道修正はできない。新しい船を造り、出航する方が、ずっと簡単だ。」

ミネルバモデル

世界的な神経科学者であり、ハーバード大学の前社会科学部長だったKosslynによれば、ミネルバ大学では数学や生物学のような伝統的な科目は教えない。代わりに、学生は最初の年をセミナー形式の少人数制授業で、知識よりもクリティカル・シンキング等を身につけるための形式的分析や複雑系といった科目を学ぶ。

全ての授業は独自のリアルタイムのオンライン授業。授業は「人の学習能力の研究」に基づいて設計されている。

「講義は素晴らしく効率の良い教え方だ。10人教えるのと同じように、1,000人に教えることができる。しかし、これは学ぶには酷い方法だ」

ミネルバ大学のプロダクト総責任者のJonathan Katzmanによれば、同校の学習システムは生徒が自主的に参加するように設計されており、これは長年の研究でより高い学習効果が得られると実証されているという。授業中、教授は全ての生徒の顔を見ることができ、画面上で注意を促すことができる。クイズ機能や小グループでのセッションを行う機能があるおかげで、つい講義してしまうような事態を防げる。

「誰が話しているか、誰が何をタイプしているか、いつでも確認できる。例えば、10秒以上話した生徒が誰か、フィルターをかけることもできる。何回挙手して発言を求めたか、とかね…」

技術や方法論は非常に興味深いが、学習効果については、まだ結果が出た訳ではない。

「この教授方法が原理として、効果的であることを示すデータはある。そして、実際に幾つかの実例として、とてもよく機能した事例もある。ただ、全てが上手くいったかについては、まだわからない」

ミネルバ大学では、生徒の習熟度をCLA+という標準テストで評価している。このテストは、既に幾つかの大学や企業で採用されており、生徒の論理思考能力やコミュニケーション能力を従来の方法より適切に図れるという観点から、GPAより高い評価を得つつある。ミネルバ大学の学生は、このテストを入学前に受け、卒業するまで毎年受験する。

 

適正な学費

Yoel FerdmanはUniversity of California at BerkeleyとUCLAを蹴って、ミネルバの一期生となる道を選んだ。彼は、どこにいても授業が受けられる環境を楽しんでいる。他の大学にいる友人を訪問できるからだ。彼は他の大学ではパーティの時間がずっと多く、 「学生にとって快適な環境」を提供しているようだ、と考えている。

「ただ、僕がここ(ミネルバ大学)にいるのは快適な場に安住するためじゃない」

「僕は学生生活を、挑戦し、成長し、学ぶことに使いたい」

ミネルバ大学は全てがオンラインというわけではない。Ferdmanと27名のクラスメイトは一緒にアポートに住んでいる。ミネルバ大学版学生寮というわけだ。この大学で唯一キャンパスに近い施設だ。

サンフランシスコで一年を過ごした後、学生達は各学期を世界中の都市で過ごすことになる。オンラインでの授業は継続するが、6つの異なる都市での生活を経験する(ベルリン、ブエノスアイレス、バンガロール、ソウル、ロンドン、イスタンブール 2015年7月現在)

ミネルバ大学は、主に中国系投資家からなるベンチャー・キャピタルから、95百万ドル(約114億円)を資金調達しており、留学生に対し、より低コストでプログラムを提供できる

Roujia Wenがミネルバ大学を受験した時、彼女は既にジョージタウン大学に合格していた。中国出身のWenは、ジョージタウン大学への進学を決めていたが、ミネルバ大学の学費・生活費を知り、目が飛び出そうになった。全て込みで約28,000ドル(約340万円)は、平均的な米国私立大学の半額。更に、第一期生のWenは全額無料となる。

「ワシントンD.Cに住んだら、馬鹿らしいほどのお金が必要だと思いました。ミネルバは(内容が)素晴らしいだけでなく、ずっと安く済むのですから!」

 

他大学へのプレッシャー

写真共有サイトSnapfishの前CEOであるBen Nelsonは、ミネルバ・プロジェクトの生みの親だ。Benは高等教育における運営コスト増加要因について、テニュア(教授の終身雇用権)や高価なスポーツ・プログラム、増え続ける管理費等を挙げる。

「我々は、これこそが唯一の解決策だ、というつもりはないし、そう言ってもいない。ただ、解決策の一つだ、ということは言える」

「最も素晴らしい未来は、ハーバードやイエール、プリンストン、スタンフォードを始めとする既存のエリート教育機関がミネルバを見て、“なんだ、我々の方がもっとよくできるさ”と証明してくれることだ」

Benは既存の大学が教育とは関係ない、アメニティ施設を充実させることで学生を獲得しようとしている、と言う。

「現在行われていることは教育の質に関する競争ではなく、よりよい学生生活の質でもない。もし、米国の大学が再び教育の質、学生生活の質に関する競争に戻れるなら、それは米国だけでなく、世界中の大学を進化させることにつながる」

ミネルバにも、解決すべき課題がある。専攻の幅を増やすために教員を増強すること、海外の学生寮を整備することなどが必要で、一期生は翌年休学となる。

それでも、同校は大きな注目(期待)を集めている。ミネルバ大学は2015年に約11,000人の受験生から220名に入学許可を与えた(教員採用には約1,000名の応募があった)。MInerva Projectは、数年後に約7,000名の学生数にしたいと計画している。

まだ実験段階といえるが、もしミネルバ大学が期待されている成果を実現すれば、“持たない大学”は米国高等教育界に大きなインパクトを与えるだろう。

ミネルバ大学の試みがどんな結果になるにせよ、Kosslyn教授は正しい選択をしたと言う。

「これは私のキャリアの集大成。本当に価値のあるものを創りたい。これは私が数十年来研究し、やってみる価値があると信じているものだから」

(本文は 2015年5月15日付 ALJZEERA AMERICAの記事の日本語訳です。原文は Hacking higher ed: Will Minerva upend the college model? をご参照ください)