4つのコア技能


4つのコア技能について

米国の大学が実施した調査によれば、“学卒の雇用者の93%は学生がどのような学位を修めたかよりも、複雑な課題を、クリティカル思考力を効果的に使って明快な分析を行い、人と協力しながら解決できるコミュニケーション能力を持っていることの方が重要だ”と考えています。
( 出典:  IT TAKES MORE THAN A MAJOR: Employer Priorities for College Learning and Student Success )

ミネルバ大学は、変化の激しい社会では、こうした既存の雇用主のニーズだけでなく、まだ存在すらしていないような職業でも、卒業生が活躍できる能力を授けることが大学の使命であると考えています。そのために、専門知識の習得だけでなく、環境変化に柔軟に対応しすることができる「学び続ける力」を提供しています。

ミネルバ大学のStephen Kosslyn教授は、この「学び続ける力」を2つの思考技能と2つのコミュニケーション技能に分類、約120の脳の使い方(Habit of Mind)と基礎知識(Foundational Concept)に体系化し、各授業で学習できるように設計することで、生徒が卒業時にこれら4つの技能を流暢に使いこなせるようになるカリキュラムを実現しました。

core

2つの思考技能
2つの個人技能は「クリティカル思考力:Critical Thinking」と「クリエイティブ思考力:Creative Thinking」です。

クリティカル思考力とは、ある事象に対して、見たまま、聞いたままではなく、問題の本質を論理的に整理し、自分の経験や様々な要因を考慮しながら、考えられる解決策を導き出し、現状に適した最良の選択を行なう能力です。一方、クリエィティブ思考力とは、問題解決にあたり、様々なアイディアを発想し、それを試行、評価しながら、現状に合わせて、柔軟な変更を行なう能力です。

2つのコミュニケーション技能

2つの対人技能は「プレゼンテーション能力:Effective Communication」と「対人コミュニケーション能力:Effective Interaction」です。

プレゼンテーション能力はレポートや文章を通じて人を動かすための技法や、大勢の人の前で行なうパブリック・スピーチや、急に話を振られた時のピッチ、会議でのプレゼンテーションを行なう際に有効なフォーマットや自分に適したスタイルを知るための能力です。一方、対人コミュニケーション能力とは、リーダーシップを発揮するために必要な、“人を動かす”様々な能力です。

講義では学べない4つのコア技能

こうした4つのコア技能は、いずれも知識の詰め込みでは身につきません。技能を「知っていること」と「流暢に使いこなせること」には大きなギャップがあるからです。Kosslyn教授は、こうした技能は、絶え間ない良質な体験学習と適切なアドバイサーによる評価・フィードバックを受けながら、意識して使う習慣を繰り返すことによって、経験的に身につけることができると述べています。

ミネルバ大学が才能のある生徒を世界中から集め、密度の高い少人数・セミナー形式の反転授業と多くのプロジェクト学習によってカリキュラムを構成しているのは、こうした理由に基づいています。